>>ホントに当たる!競馬予想会社!<<

当たる競馬予想会社の条件

その1.無料で登録可能
その2.メールのみの対応
その3.会員登録が小学生でもできる簡単なとこ
その4.会社や責任者等の詳細が書いてあるか

何十社に登録した結果

ホントにあった!当たる3つの競馬予想会社!
一度見てみる価値アリです!
   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼
>>ホントに当たる!競馬予想会社!<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞情報

JRAより菊花賞の出走メンバーの調教後の馬体重が発表されました。

                馬体重   計量日 前走時
1枠1番 ゴールドシップ  506kg 18日 498kg
1枠2番 フェデラルホール 484kg 17日 478kg
2枠3番 ベールドインパクト496kg 18日 492kg
2枠4番 ラニカイツヨシ  478kg 18日 488kg
3枠5番 アーデント    468kg 18日 460kg
3枠6番 ロードアクレイム 466kg 17日 460kg
4枠7番 エタンダール   452kg 17日 442kg
4枠8番 ニューダイナスティ478kg 18日 470kg
5枠9番 フジマサエンペラー496kg 17日 484kg
5枠10番 マウントシャスタ 476kg 18日 468kg
6枠11番 ビービージャパン 490kg 18日 484kg
6枠12番 コスモオオゾラ  478kg 18日 466kg
7枠13番 ダノンジェラート 482kg 18日 476kg
7枠14番 ミルドリーム   438kg 18日 428kg
7枠15番 ユウキソルジャー 444kg 18日 436kg
8枠16番 スカイディグニティ494kg 18日 484kg
8枠17番 タガノビッグバン 500kg 17日 494kg
8枠18番 トリップ     502kg 18日 495kg

(JRA発表)

また血統的に見ていく有力馬を分析

ゴールドシップは昨年の優勝馬オルフェーヴルと父と母の父も共通することから、血統的には文句なし!逆転となると、その父ステイゴールド以上の菊花賞実績を持つ種牡馬、94年ナリタブライアン、95年マヤノトップガンで菊花賞2勝のブライアンズタイム産駒スカイディグニティ以外に考えられないだろうね。

ブライアンズタイム産駒は近年、明らかにダート適性が前面に出てきているけど、本馬と同じ母の父ノーザンテーストのレインボーダリアは先週の府中牝馬Sでも小差4着に食い込むなど、芝の重賞戦線で活躍。芝適性の高さは配合パターンからも裏づけはある。

4代母のスコッチヴァーディクトを経由する同族にはライスシャワー(92年優勝)やステージチャンプ(93年2着)の父として菊花賞で猛威を振るったリアルシャダイもいるので。血統に潜むスタミナはゴールドシップとも互角だと予想することができる。今年の菊花賞はこの2頭が軸でいけるはず!?



また今日は追加で明日土曜日に東京競馬10レース「神無月ステークス」を簡単に分析していきます!


このレースは東京ダート1400mで開催されるレースです。

東京ダート1400m

基本的な情報はどちらかといえば外枠のほうが良い成績を残しており、好走は「逃げ」「先行」タイプの馬が狙いどころといった感じでしょう。このコースを得意とする騎手は関東のトップジョッキーである、横山典、ウチパク、蛯名先生でしょう。血統的にいくとクロフネ産駒やフレンチデピュティ産駒が適正が高いです。



枠番傾向

枠番傾向をみていくと、まんべんなくどの枠でもチャンスがあり感じがします。なので今回の神無月ステークスでは枠番で絞り込んでいく必要性は少ないと考えられます。


脚質的には圧倒的に逃げ馬が良い成績を出しているので、今回出走予定メンバーで逃げ馬をピックアップすると

★エーシンビートロン
★パルラメンターレ


この2頭は是非ともチェックしておきたい!


その他の情報を元に出した神無月ステークスの買い目情報はコチラ↓


◎エーシンビートロン
◯パルラメンターレ
▲サクラインザスカイ
×メイショウマシュウ
△ダンシングマオ
△メジャーアスリート
△キングパーフェクト





《PR》秋華賞で負け馬券に散った方!
まだ取り返すチャンスがあると言ったらどうしますか?
関係者が暴露する究極の裏情報!札束掴み取り的中情報!無料公開中!

http://g-mile.net/





スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

菊花賞 最後の一冠を手にする馬とは?

未知の領域3000メートル これが菊花賞。

今回はダービー馬の出走回避で盛り上がりに欠ける菊花賞となったがその分高配当になる確立も上がった訳だ!

中でも注目馬は、この夏最大の上がり馬と言われているのがトウカイメロディ。古馬を相手に北海道の芝2600mのオープン特別を連勝しており、非凡なスタミナとパワーがあるのは誰もが認めるところ。息の入りにくい消耗戦になるようなら逆転も可能だろう。


またコスモラピュタのような逃げ馬にも要注意だろう。「500万と1000万下をマイペースの逃げ切り勝ち。ジョッキーが上手に乗ってくれたけど、確実に力もつけてきた。放牧から戻り、体重が増え、とにかく今は具合がいい。スタミナが豊富で距離は問題ない。自分のペースで先行できれば善戦できる」と高橋祥師が語っているだけに馬券には入れておきたい。



レース展開的には、トウカイが3~4角で自ら動いて進出を開始すると中団で脚を温存したローズ、ヒルノも進撃態勢。クォークスター、レーヴドリアンが坂の下りで勢いをつけて迫り、最後の直線は見応えある追い比べになると予想。

テーマ : 競馬で稼ぐ
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

5kanba

Author:5kanba


《競馬口コミサポーター》
ウマコム

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。